一日一枚の幸せを花ちゃんと


by hanamamann
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

花と一緒に

花は2歳と10ヶ月になりました。人間で言えば高校生くらいでしょうか。
人に対しては友好的で、決して逆らうことなくどんな人にも尻尾を振っています。
f0161834_22344745.jpg

ところが、散歩中に出会う犬には殆ど興味を示さず、犬同士の挨拶も逃げ腰です。
f0161834_22373951.jpg

散歩から帰るとブラッシングをしますが、最近はこんな具合に草の実がついてきます。
舗装道路を歩くより、土の上のほうが多いので仕方ありませんが・・・
f0161834_22402416.jpg

公園で出会う生き物にも季節があって、花は珍しそうに追いかけています。
散歩のコースは色々ありますが、今日はどの道にするかを決める前に花は私を見ます。
私が「今日は、こっち」と少しリードを引っ張るとすぐにわかります。
f0161834_22455998.jpg

私と花が一番好きな場所にサンキライの実がありました。
手付かずの自然のままにしてあるここには、何十種類もの草花が自生しています。
セイタカアワダチソウも少しありますが、決して多くはありません。
健康な土地には外来種を寄せ付けない何かがあるのでしょうね。

花と私は、犬と人間ではない、お互いに会話が成り立つような関係になってきました。
誰かが私の元を送ってくれた大切な贈り物です。
[PR]
Commented by yumiyane at 2009-10-19 13:52
花ちゃんは、自分が犬だと思ってないからね。
おんぶバッタって言うんでしたか。こうして見るとかわいいですね。
Commented by hanamamann at 2009-10-19 22:40
yumiさん 確かに。思ってないですね。
そう、おんぶバッタ。メスの方が大きい方ですね。
こんなのがそこら中で見られるのだから、やめられませんね。
by hanamamann | 2009-10-17 22:57 | 自然 | Comments(2)