一日一枚の幸せを花ちゃんと


by hanamamann
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

冬 京都は

無事に演奏を終わって、ホッとしました。普段は履かないハイヒールがつらくて。
f0161834_9121390.jpg

いつもよりも少しあらたまった衣装ですが、黒は着なれた色です。
人の前で弾くことをやめない限り続く緊張感は、
終わった後の達成感、安堵感、解放感を味わうためのもの。

二日目。京都は雪が降りました。やっぱり寒かった。
今まで京都に行くのは父に会う為でしたので、観光とは無縁でしたが今回は・・
f0161834_91604.jpg
f0161834_9161377.jpg
f0161834_9162554.jpg

ここに行きました。冬の京都は観光に来る人もすくないようです。
見慣れた写真ですが、実際に立ってみるとやはり歴史を感じました。
f0161834_9181769.jpg

木の葉が落ちている時期だから見える骨組み。ここから見ると高い。
清水の舞台から・・・の心境はこういうことですか・・・
f0161834_921750.jpg

姪のお勧めのお店で、わらび餅を食べました。量の多さと黄粉の美味しさに満足。
清水寺から産寧坂、二年坂を下り、高台寺へ。ここも人はまばら。
f0161834_927921.jpg

靴を脱いでの見学は足が冷たくて。長い階段もたくさんあり、
ここで76歳までを生きた寧々さんの毎日を少し体感できたかな。
ここまで何キロ歩いたか。umekoさんと話しながら、ゆっくりのんびり。
そして、私の好きなレストランへ。
f0161834_9313961.jpg

京都へ来るたびにお茶を飲みに来る場所。いつの間にかお気に入りの場所に。
f0161834_9325478.jpg

二泊三日の京都の旅は、色んなことがあった、楽しい旅でした。
二人の姉、姪夫婦と可愛い長男。もう一人の姪。そして義兄。
皆がそれぞれを労り、大きなお寺を守っている毎日。

今までの京都からの帰りの新幹線は、父の事を思ったり、夫の事を考えて、
少し気持ちが沈んでの時間でしたが、今回は、
今頃になって姉妹の良さを実感して、皆の気持ちを有難く思え、
鼻の奥をツンとさせながら姉の買ってくれたお弁当を食べました。

また来てね・・・・の言葉に甘えよう・・と思いました。
[PR]
Commented by shinn-lily at 2011-01-28 17:14
hanamamannさん、とても華やかなお顔ですね。
バイオリン、生涯現役でいてください。
そうすれば、この笑顔もずっと現役ですもの。
Commented by yumiyane at 2011-01-28 23:04
ほっとしたところと、嬉しさが笑顔に出ていますよ。
そのあとの京都観光は楽しかったでしょう。
あの落ち着いた華やかなカフェですね。
親と言う要がなくなったので、これからはきょうだいの繋がりを大切にしていかねばです。
Commented by hanamamann at 2011-01-29 16:08
shinn-lilyさん 普段は緩んだ顔していますが、ヴァイオリンを持つと違う顔になるようです。
生活に変化を持たせてくれる・・・というか一部ですけど、これからも続けていきます。
Commented by hanamamann at 2011-01-29 16:10
yumiさん 個性の強いきょうだいです。
umekoさんを連れて行って、喜ばれました。
彼女も身内のようなものです。
Commented by wakaba at 2011-01-29 20:13 x
久しぶりにコメント致しますが、ブログはいつも拝見しています♪

演奏後のhanamamannさん、素敵な笑顔です♪
新しいめがねもすごくお似合い。
umekoさんもお元気そうですね!

個人的に清水さんは、一番好きな所です。
もう10年以上いっていないので、羨ましい♪

お疲れ様でした。
Commented by hanamamann at 2011-02-01 10:22
wakabaさん 一緒に演奏した頃が懐かしいです。
いろんな経験をして、無駄のない時間を過ごしてきたなぁ・・・って思っています。
by hanamamann | 2011-01-28 09:55 | 季節 | Comments(6)