一日一枚の幸せを花ちゃんと


by hanamamann
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

一年ぶりに

数年ごとの同窓会が、歳を重ねると段々年数が短くなって、
とうとう毎年会うようになりました。一年ぶりの再会です。
f0161834_21582020.jpg

話すことなんて、ほとんどいつも同じなのに、その度に笑い転げ、
新しい話題が出ると、一人一人が感想を言ったり、チャチャを入れたり、
賑やかなことこの上ない。土曜日の昼下がり、楽しい時間を過ごしました。
f0161834_221481.jpg

久しぶりに電車に乗って都心に出かけましたが、人の多さに目が回り、
今年の私の目標・・・「外に出る」・・は、頑張っての文字を
初めに付けなければ・・・と思ったものでした。
f0161834_224485.jpg

小学校に入学した時は戦後の混乱が続いていました。
私の家は、医者でしたのでひもじい思いをしたことはなかったです。
靴を履いて学校へ・・・は当たり前の事でしたが、中には下駄や、草履の子。
学校へ来ることが出来ない子もいました。
届け物を持って訪ねた家の中で、おばあさんと二人ボロの山の中にいた同級生を見て、
何とも言えない気持ちになったことを忘れません。
f0161834_22135031.jpg

親も必死に生きようとしていた時代でした。子供にかまっていられない状況も
あったでしょうが、私たちは逞しく毎日を過ごしていました。
出雲の田舎から上京して、還暦を過ぎる今まで、皆頑張ってきたね。
「また来年・・・」と言って別れましたが、それぞれの場所に戻って、
皆が元気で過ごしていることが、私の励みにもなるんだな・・・。
[PR]
Commented by yumiyane at 2011-02-08 11:01
この歳で同窓会が楽しめるのは、幸せなことだと思います。
私は子育てが終わってからは出席してきた方なのですが、何十年ぶりで参加してくれると、ああ良かった、って思います。
ブーゲンビリアが咲いていますね。これも良かった。
Commented by hanamamann at 2011-02-08 20:14
yumiさん ほとんどの人が、親がいなくなって出雲に家がありませんが、やっぱり原点です。
同じ体験をするということは絆を作ることだとつくづく思います。
by hanamamann | 2011-02-07 22:28 | 季節 | Comments(2)