一日一枚の幸せを花ちゃんと


by hanamamann
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

彼岸花

つい先日、ツルボの花が突然地面から出てきて、ピンクの可愛い花を咲かせていましたが、
すでに花は終わりになってしまいました。花の命は短い。。。。
次に地面から突然出てきた花は彼岸花。
f0161834_2194293.jpg

曼珠沙華(まんじゅしゃげ)とも言われる中国から来た花です。
咲く時期がお彼岸に近いせいか、あまり良いイメージがありません。
花自体にも毒を持っているので、切ったりする時は要注意です。
花言葉は 「悲しき思い出」  こうやって見ると綺麗なんですけどね。
f0161834_2124312.jpg

この写真は父が写した彼岸花です。20年以上昔、たぶん母はもう亡くなっていたかと
思いますが、あちこち写真を撮りに出かけたようです。
写真を見ると父の目線を感じ、父を想います。
五人の子供の中で私が一番怒られました。ヴァイオリンの練習が足りない、
弾き方が違う、もっと早く弾け・・・・・。自分は好きなだけ。
私を何とか一人前のヴァイオリン弾きにしたくて、私より一生懸命でした。
私を東京に出し、プロのヴァイオリン弾きになって、さぞ満足かと思いましたが、
東京に出した後はあまり干渉もせず好きにさせてくれました。
晩年は耳が遠くなり東京に来てもコンサートに行く事もありませんでしたが、
数年前、甥の結婚式で父の近くでヴァイオリンを弾けた事が、良い思いでとなりました。
父が亡くなった後、感謝の気持ちを込めて一人で献奏しました。
バッハのパルティータ3番、「プレリュード」  小学校4年の時に初めてコンクールを
受けに福岡に行きました。その時の課題曲です。
無事に一次は通りましたが、二次予選の課題曲、メンデルスゾーンのコンチェルトが、
私にはまだ弾けなくてパスしました。
ストップウオッチを片手に何回も弾かされたバッハですが、以後私の調子を見る曲になり、
50年近く弾いている事になります。気が遠くなりますね。
[PR]
Commented by yumiyane at 2008-09-18 00:21
電線と、蝶々と彼岸花の組み合わせが絶妙ですね。
初めて見ました。
ここはどこなんだろう、行ってみたいな。
気の遠くなるくらいの極めるものがあって、今となっては感謝ですね。
Commented by ミセス・ドーナツ at 2008-09-18 18:08 x
彼岸花って「悲しき思い出」なの~私好きなのに~やっぱ秋風めちゃ吹いてる感じ~ウォ~!!!
なんか私の父はどうだったんだろう??って考えるけど・・・
余りに父は無口で・・・末っ子だから可愛がってくれたのは確かです!顔も似てるかも~良い顔よ!!私を見ればわかるでしょ~う!
Commented by hanamamann at 2008-09-18 22:09
yumiさん 父が写した写真はなんか理解できる。共感できる?
やっぱり感性は刷り込まれているかもしれません。
男親の役目はきっと母親とは違うんだと思います。
Commented by hanamamann at 2008-09-18 22:12
ドーナツ様  自分が今在るのもやはり親がいてのことと思います。
これを機会に親のこと思い出して!イケ面のお父さんを。
ところで首尾よくいきましたか???
by hanamamann | 2008-09-17 22:01 | お花 | Comments(4)