一日一枚の幸せを花ちゃんと


by hanamamann
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:自然( 48 )

お日様と風の中で

無事に終わった今年の BOSS CAMP 
いつもなら、翌日はゴルフをして帰るのですが、今年は・・・
f0161834_18561773.jpg

札幌から100キロ。内陸に向かって車を走らせ着いたところ。
ドラマの舞台になった場所は、今でもそのままありました。
f0161834_18591976.jpg

丁度花の終わりころなのでしょうか。あまり整然としていないところがいいです。
ここは、ゴルフ場だったところに作られたので、緑が豊かです。
花の名前は・・わかりませんが、ドラマで見慣れた花が咲いていました。
f0161834_1935769.jpg

この家の中も、ピアノも家具もそのままありました。
主人がいる頃は、連続ドラマなんて見ることもなく、贔屓の俳優がいるわけでもなく、
ドラマの舞台がそのままある・・・と聞いても、それほど興味を持つこともありませんでしたが、
北の大地の魅力は、私の想像をはるかに超えて、何時までもここにいたいと思いました。
f0161834_1912343.jpg

お日様も風も心地よくて、久しぶりにゆっくりとのんびりとしました。
でも、まだこれから待っていてくれる方がいる場所へ。急ぎます。
[PR]
by hanamamann | 2011-09-30 19:16 | 自然 | Comments(4)

まるで・・・

11月10日。午後3時過ぎ。
f0161834_0264594.jpg

公園の帰り道。晩秋の夕日が木々を照らして。。
f0161834_0273621.jpg

片手で花のリードを持ち。。
f0161834_0281547.jpg

もう一方の手でシャッターを押す。
f0161834_028511.jpg

夕日はどんどん低くなるけれど。。
f0161834_0293587.jpg

見上げれば黄金の輝き。。
f0161834_0311015.jpg

まるで・・・絵のような。。
[PR]
by hanamamann | 2010-11-12 00:33 | 自然 | Comments(2)

見上げれば・・・

足元ばかり見て歩くと、つい見逃してしまう秋の実り。
f0161834_130497.jpg

春、初めて見た枳殻の花に感動したっけ。
f0161834_131767.jpg

かりんの花も初めて見ました。立派な実になっています。
f0161834_132612.jpg

匂いにつられて木の下まで来てみました。落ちるにはまだもう少し。。。
f0161834_134594.jpg

今年は大豊作の柘榴。手の届かないところに大きな実が。。
どれもこれも、私のものではないけれど、一年を通じて楽しみながら、
見守ってきました。だから、なんだかうれしい気分。
[PR]
by hanamamann | 2010-10-16 13:07 | 自然 | Comments(4)

生き物

我が家の鉢植えの草?にもいろんな生き物がいます。
朝晩の水やりの時に、バッタを見たり、トカゲがチョロチョロしたり。
f0161834_114740.jpg

ススキの葉に紛れて、カマキリがいました。結構大きいです。
刺激しないように見ていたら、目があったような気がして。。。
夜、あちこちで洪水警報が出ているのに、ここでは雨も雷もなし。
植木に水をやっていたら、拳より大きな蛙、たぶんトノサマガエルに出会いました。
この暑い夏をどこで過ごしたんだろう。。。。好きではないけど、
飛び上がって逃げるほどの事もなし。ホースで水をかけてあげました。
どんな生き物も、手に取るほどではないけれど、特別恐怖でもなし。
先日の海の合宿では、大きなゴキブリに遭遇。一緒についてくるので、
ちょっと脅かして追い払って、お願いだから部屋には来ないでね。。。と。
学生たちならきっと大騒ぎだろうな。小さな虫が飛んでいても、
演奏が中断するくらい騒ぐ。「虫が攻撃してくる」らしい。
虫にしてみれば、人間の方がよっぽど怖いと思うよ。
f0161834_11165273.jpg

公園にはツルボの花が咲いて、日差しは強いけれど吹く風は秋のもの。
やっと、夏にさよなら出来そうですね。
[PR]
by hanamamann | 2010-09-14 11:18 | 自然 | Comments(2)

年の差は

恒例の夏の終わりの行事。海はもう秋だった。
f0161834_22201283.jpg

沈む夕日 
f0161834_22211032.jpg

日差しが長くなり、私の影もあしながおばさん。
f0161834_22235582.jpg

練習の合間に、誘われて波打ち際。。。年の差40年。。。ドンマイ。。。
f0161834_22262256.jpg

イツモのメンバーとあさのさんぽ。今朝は。。。また夏。。
f0161834_22302429.jpg

朝日の影もやっぱり長く。。。
f0161834_2231262.jpg

最後の合宿を無事に終えた5人。後は最後の演奏会に向けて頑張ろう。
4年間は、あっという間に終わっていくけれど、音楽を通して経験したこと、
知らないうちにたくさんの事を吸収したと思うよ。
いつも思うことは、君たち、出会えてよかったね。仲間と、音楽と。
[PR]
by hanamamann | 2010-09-11 22:37 | 自然 | Comments(0)

今日だけの・・

時は前にしか進まないように、生き物も毎日変わっていきます。
f0161834_22302861.jpg

桜が終わって、次の色。緑のサクラタンク。
f0161834_22324320.jpg

林の下草が、いよいよ伸びてきて、もうすぐ膝丈にまでなりそう。
行く度に勢いが増して来る。色んな草が共存できているのが自然なのかな。
f0161834_2236381.jpg

朝の光の中で、ヒイラギの実が日に日に大きくなってくる。
これから半年かけて赤くなるんだね。
f0161834_22384278.jpg

朝、窓を開けると仄かに香るジャスミンの花。今年も咲いたよ。パパ・・・・・。

今日は本当に良い天気だった。お日様がキラキラしていた。
風が目に見えるようだった。みんな今日だけのものだよね。
[PR]
by hanamamann | 2010-05-08 22:44 | 自然 | Comments(0)

いいねぇ・・・

桜が満開。今日の公園はたくさんの人で賑わっていました。
f0161834_17365173.jpg

ソメイヨシノだけではなく、いろんな種類の桜も一緒に咲き始めて、
f0161834_17373688.jpg

花の下では、お弁当を食べたり、ボール遊びや、バトミントンをやったり。
私と花は、邪魔しないように横をすり抜けて、上を見れば、桜。。。下を見ても楽しい。。。
f0161834_17392953.jpg

筆リンドウに、スミレ。。。
f0161834_1740166.jpg

したくさの勢いが増す前の短い時間に、薄紫の花がほんのりと。
f0161834_17421520.jpg

色のなかった林の中に、ぽつぽつと白い花を咲かせて、緑とのコントラストが美しい。
f0161834_17432162.jpg

大好きなスノードロップが。葉の時は水仙だとばかり思っていたのに。
f0161834_17442488.jpg

今年初めて見つけた土筆。毎年歩いている道なのに、今まではなかったはず。
川原の土手のものだと思っていた土筆が、こんな所で見られるなんて。
こんな時代になっても、人の心がとんがってきても、異常気象だといわれても、
花は、「咲くときは、咲くよ!!」と、言ってるかどうか。。。
強いねぇ、貴方たち。美しいねぇ。いいねぇ。。。
[PR]
by hanamamann | 2010-04-03 17:52 | 自然 | Comments(4)

見習う

どんなに寒くても、水がなくても、お日様があまり射さなくても、
土って、すごいな。草も、木も、立派だな。
f0161834_23465063.jpg

まるで約束してくれたように、その頃、その場所に行けば、ちゃんと咲いている。
ハルコガネバナ(さんしゅ)の小さな黄色い花は、遠くから教えてくれる。「咲いたよ」。
f0161834_23501020.jpg

ボタンの赤い新芽が少しずつ葉を伸ばして、
f0161834_23505418.jpg

もっこうバラの蕾を見つけると、何もないところから出てくるエネルギーをすごいと思う。
f0161834_005922.jpg

そして、この冬一番の敢闘賞をあげたい花。何もしていないのによくぞここまで咲いて、
二年目の冬を楽しませてくれて、本当に有難う。
人間だって、同じ生き物なのだから、私も見習わなくてはね。
寒くても、「寒くない!」 暑くても「暑くない!」 辛くても「辛くない!」
熱い心持って、負けない心を持ってやっています。。。。。って、
昨晩見たテレビで、雪山遭難救助隊の隊長が、穏やかな顔で言っていました。
[PR]
by hanamamann | 2010-03-04 00:12 | 自然 | Comments(4)

日本一

f0161834_23461318.jpg

撮影 hanamamann   2010年 2月 28日 午後3時
精進湖畔から見た、男前の山 日本一
[PR]
by hanamamann | 2010-02-28 23:50 | 自然 | Comments(6)

この木何の木?

公園を歩いていると、いったい何種類の木があるのか。
自然に生えている木と、造成されて植えられた木とが、
絶妙のバランスで配置されています。
木には、札が付けられていて、名前を憶える楽しみがあります。
f0161834_2257720.jpg

高い木の枝先に、花のように付いているのは「ユリの木」の花殻です。
実際の花は、高い所で葉の陰になって中々見ることが出来ないようです。
私も、見たことがありませんが、花からは甘い蜜が採れるそうです。
今の時期、まだ芽吹くには間がある公園の中で、花のように見えて可愛らしい。
今日も雪がちらちらしました。
風邪をひいている人がたくさんいますが、幸いな事に元気で過ごせています。。。けど。
「馬鹿は風邪ひかない」を体現しているようで。。。。
[PR]
by hanamamann | 2010-02-12 23:07 | 自然 | Comments(0)