一日一枚の幸せを花ちゃんと


by hanamamann
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:boss( 28 )

暑い 熱い

毎日早起きになって、今朝はどんなメダルかな。
若い人の物怖じしない気持ちは、いいなって思いますし、
日本人ならではの奥ゆかしさもやっぱり持ち合わせている場面を見ると
ホッとしたりもします。
今日はお知らせを。。。
f0161834_8543351.jpg

f0161834_903641.jpg


もう10年も経ってしまいました。その間、私を助けてくれた方達が、
BOSSの事を、先生の事を忘れないでいてくれて、集まってホルンを演奏してくれます。
有り難いです。楽しみです。
皆さん熱い気持ちに、私の心も熱くなります。
ぜひ、聞きにいらして下さい。
[PR]
by hanamamann | 2016-08-16 09:01 | boss | Comments(3)

いつまでも

2014年10月13日 月曜日  今年は「体育の日」
札幌でのキャンプ最終日は、いつもの時計台のコンサート
いつもと違うのは、この日がBOSSの八回目の命日
よくぞここまで続けて下さった。講師のメンバーは変わることなく逆に一人増え
それとは反対に、スタッフ三人の状況は変わって
二人が結婚 一人は子供が2.5人に
結婚した二人に替わって今年は若いスタッフにバトンタッチ 
過ぎた時間の長さを感じました
f0161834_15391078.jpg

どんなに時間が経とうと、変わらないものがあるのだと
この「特別の日」にはいつも思います。
コンサートは・・・・凄かった 素晴らしかった 
もう、何処にも姿を見ることは出来ないのに 存在を感じる
それは 思い続けて下さるみんなの心に いるのですね
どこかで聞いていてくれることを信じて どこまでも届けと  
幸せな人だな こんなにいつまでも思われて 
[PR]
by hanamamann | 2014-10-28 15:45 | boss | Comments(2)

続ける 続く 

今年は少し参加者が少ないかもしれません。。。
そうだよね。去年がおおきなイベントになって、盛り上がったんだもの。
続けることは大変な事。よくわかってるよ。だから無理しないでね。
私の交通費、参加費、宿泊費。自分で払うから。。。
f0161834_1613468.jpg

東京を発つ日は東京の気温が26度。千歳空港は15度。
今年は紅葉が綺麗だそうです。
f0161834_1664798.jpg

暖かな体育館で、紅葉した木々を見ながらホルンの音を聞く。気持ち良くて居眠りしそう。
参加者は結局いつもと同じくらい、55人になったそうです。
大変だったね。一人一人に声かけたり、メールしたり。パパもよくやっていたもの。
去年は協会のイベントがあって、キャンプはお休みだったので、二年ぶりの再会。
あの方も、この方も、東京からも。。。みんなニコニコ笑って声をかけて下さる。
来てよかったなぁ・・・とホルンの音の中でしみじみ思いました。
そして、今年もまた驚いた事は、みんなの音が一段と良くなって、
アンサンブルの完成度が素晴らしくて、皆が寄り添って一つのものを作り上げる・・・
その意思が伝わってきて、感動しました。
学ぶ心、まだまだ・・・と思える気持ちを持ち続けることの大切さを、教えて頂きました。
f0161834_16212269.jpg

皆さんとの散歩の途中で見つけた「雪虫」  羽の下に白い綿のようなものがついています。
「雪虫が飛んでる。もうすぐ雪が降りますよ」。。。そうなんだ。
2泊3日のキャンプは、あっという間に終わってしまいまました。
全スケジュールを終えて、最後に「来年も参加したい人!!」の問いに、
ほぼ全員が手をあげました。
続いていくのですね。ありがとう。お疲れ様でした。
[PR]
by hanamamann | 2014-10-15 17:00 | boss | Comments(2)

今日で

生きていたら今日で71歳
f0161834_20175290.jpg

どんな風に歳を重ねたのかな
まだまだ現役で吹いて、教えて、若い人たちと楽しくやっていただろうな。
毎年やってくるこの日。やっぱりいつまでも忘れない。
[PR]
by hanamamann | 2014-06-18 20:24 | boss | Comments(2)

七年たった

昨日は本当に暑くて、季節がどうなってるのか・・・だって、10月だよ。
f0161834_22142174.jpg

そして、今日。10月13日。朝5時半に目が覚めた。七年たった。
お墓に行こう!!でも、日曜日。高速はきっと混むだろうから、行くなら今。
6時半前に高速の入り口に着いたけれど、「事故で渋滞〇キロ」の表示に迷わず引き返す。
これが、七年経ったってことかな。だけど七年は長かった。
f0161834_22191890.jpg

長かったけれど、必要な時間だった。いろんなことが起こった。
こんな時、パパがいてくれたら、パパならどうする?・・・と、何回も思ったけど。
考えても仕方がないと思っていたけど、最近になって私の周りの色々な変化を考えた。
f0161834_22425515.jpg

人は、目に見えない世界に逝ってしまっても生きられる、生きていられるのだと、
みんなに教えてもらいました。有難うございます。
引き続きママをよろしく・・・と、パパが言っている・・・よね??
[PR]
by hanamamann | 2013-10-13 22:40 | boss | Comments(4)

忘れてない

どんなに忙しくても、決して忘れない。
f0161834_2151628.jpg

殆どが頂きものだけど、パパの好物ばかり。
今日はパパがいつも座っていた場所で、心ばかりの誕生日の宴。
写真を撮ったら、私が頂きます。おめでとう。ありがとう。
[PR]
by hanamamann | 2013-06-18 21:08 | boss | Comments(4)

特別の日

2006年10月13日から6年たった2012年10月13日。
f0161834_2313469.jpg

同じように穏やかな秋の一日でした。
歳を重ねるごとに、少しづつではあるけれど、心穏やかにその日を迎えられるようになりました。
f0161834_23154056.jpg

思い出の中ばかりにいる事もなく、一人で過ごす時間の使い方も上手になった。
自分を取り戻そうと、右往左往しながら過ごしたこともあったけれど、
今の私自身が、本来の私。これからの私は・・・・
f0161834_23215296.jpg

今までどう生きてきたか、これからどう生きていけるのかの答えはまだまだ先。
それまでは毎日を 「ゆっくり 丁寧に」 やっていこうと、この日にあらためて思いました。 
[PR]
by hanamamann | 2012-10-16 23:28 | boss | Comments(4)

遠く果てしなく

「誰もパパの事知らない街で、そんな事できるのかなぁ?」
あの時は本当にそう思っていました。パパの長い間の年下の友からの誘いで、
2007年6月、札幌に「復活」を聞きに行きました。主人が亡くなった翌年でした。
東京から3人のホルン奏者が来て、演奏していました。涙でよく見えませんでしたが、
懐かしい音を聞いて、パパもこの舞台に一緒にいるような気持ちがしていました。
終わって、打ち上げの席で、札幌の友、東京からの仲間が私に言いました。
「来年、札幌でボスキャンプをやるから」。。。その時の私の答えです。
f0161834_1114015.jpg

「大丈夫ですよ。僕たちが説明すればいいんだから」
そして、2008年6月に札幌で始まった「BOSS CAMP」
あれから5年。5回目のキャンプが終わりました。
もう・・・なのか、まだ・・・なのか。毎年毎年続けることの大変さ。
東京から遠く離れた地で、誰なのよくわからない人の名前の付いたキャンプ。
そこに参加してくる方たちは、どんな気持ちなのか。
いつも終わる度に、これが最後かもしれない。
こんな世の中で音楽に時間とお金をかけられないだろうし。
もう、無理しないで。もう十分だから。。。。と思っていました。
それが5回目を迎えたのです。今年は去年と何かが違っていました。
今までと、何かが変わっていました。毎年お会いする方々が、懐かしそうに挨拶をしてくださいます。
初めて参加する人たちも、いつの間にか溶け込んで、和気あいあいです。
それは受講者のみならず、教える先生たちも混じって、本当に楽しそうですし、
実際楽しいのです。
今年の宴会は、みんなで楽しむ縁日のようでした。私もいろいろ作りました。
まるでパパがやった2回のボスキャンプのように、手作りの宴会を皆が楽しみました。
体育館で、ホルンの音を聞きながら、涙が出ました。窓の向こうの木々を見ながら、
生きている、生かされていることが有難く、この場にいたかったであろうパパを思いました。
ここにいる人たちは、パパに会ったこともないのに、
まるでBOSSを知っているように感じます。そして、皆BOSSガ好きなのです。
音楽に対する心。プロもアマチュアも隔てなく、ホルンを愛する者が集う。
楽しい時間を共に過ごす。。。まさしく、BOSSの信念がここにある。
「僕たちが説明する・・」を実践して事あるごとにパパの話をしてくれる講師の面々。
講師の方々のパパに対する愛の深さを感じます。
恒例の時計台コンサートは、収容人員をオーバーして叱られたそうです。
続いたからこそ得られるものを、感じさせてもらった今年のキャンプ。
それは私だけでなく、みんなが感じたことと確信しています。
皆が私に「ありがとうございます」と言って下さいますが、
それは私の言う言葉です。「みなさん、本当にありがとうございます」
[PR]
by hanamamann | 2012-10-12 13:12 | boss | Comments(4)

理不尽

道理が通っていないこと。  道理・・・正しい筋道。。。。
f0161834_23482534.jpg

今晩はパパを偲ぶ会。いつものお蕎麦屋さんで、美味しい料理と繊細な蕎麦。
もう4回目となったこの集まりは、いつも10人と少し。
パパの一番近くにいた家族以外の、本当に家族同様にかかわった人たち。
f0161834_2352075.jpg

美味しい料理を食べながら、近況報告やら、思い出話やら、若い人たちの話に突っ込みを入れたり、
あっちでワイワイ、こっちでガヤガヤ・・・・賑やかなことこの上ない。
f0161834_23541267.jpg

そして、誰かが。。。。
今度集まった時に、理不尽を感じた時の話をしよう・・・・で、
なんでこんなに怒られなきゃいけないの???と言う経験話で盛り上がり、
先生の勝手さ、わがままさ加減・・・話したら止まらないけれど、
「その話、私が一番たくさんあるよ」の私の一言で皆が「そうだよねぇ」。。。
f0161834_00968.jpg

本当に愛されてたね。幸せだったね。みんなパパの事大好きだよ。今でも。。。ね。
[PR]
by hanamamann | 2011-11-30 00:02 | boss | Comments(2)

感謝

5年前の丁度今頃。。。
「また会おうね・・」の言葉をかけていました。
f0161834_94786.jpg


 伊藤さん BOSS  先生 師匠 パパ おじさん
    
そしてもう一つ、授楽院泰山良寧居士(じゅがくいんたいざんりょうねいこじ)
の名前を頂いて、5回目の命日。


 
[PR]
by hanamamann | 2011-10-13 09:55 | boss | Comments(6)