一日一枚の幸せを花ちゃんと


by hanamamann
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:花・ハナ( 68 )

誕生日

1月11日は、私の2歳の誕生日です。
f0161834_23255783.jpg

生後二ヶ月で、この家に来てから、私はすくすくと育ち、
f0161834_23273377.jpg

誰がご主人様かわからないほど、皆が私を躾けてくれて、
お陰で、と~~っても良い子になりました。。。。だよね?
f0161834_2328153.jpg

今日は久しぶりに公園に行って思い切り走り、霜柱を食べて美味しかったです。
f0161834_2330893.jpg

ちょっとポッチャリの私は、誕生日だからといって特別なご馳走などはなく、
いつもと同じでしたが、ママは何回も「お誕生日 おめでとう!」と言ってくれました。
まだまだ子供の私です。皆が遊んでくれるのが嬉しいので、
これからもよろしくお願いします。
[PR]
by hanamamann | 2009-01-11 23:35 | 花・ハナ | Comments(8)

お嬢様

我が家のお嬢様。
f0161834_23114790.jpg

誰かが置いていった室内履きが、大のお気に入りです。
一日何回も匂いを嗅ぎ、噛みしめ、遊べと目の前に落とすそれは、
唾液でベトベト。「勘弁して!」。
f0161834_23141222.jpg

自慢のロン毛を振りながら一日遊ぶとこのとおり。
毎日ブラッシングは欠かせません。
レッスンに来る人たちには、必ず挨拶しますが子供は苦手のようです。
困った顔はすぐわかります。「どうにかして・・・」と、目が訴えます。
f0161834_23175149.jpg

一日遊んで、食べて、また遊んで、夜10時を過ぎる頃にこの顔になります。
私も、やれやれ。。。です。
1月11日生まれですから、もうすぐ2歳。人間で言えば中学生?
難しい年頃です。。。。なぁーんて。  やんちゃなお嬢様です。
[PR]
by hanamamann | 2008-12-20 23:22 | 花・ハナ | Comments(4)

クリスマスカラー

いよいよ12月になって、冬も本番、クリスマスも忘年会もコンサートも。
体力勝負だから、寝不足にならないよう、風邪ひかないよう気をつけなくては。

商店街の飾りつけも、お店屋さんのディスプレイもクリスマスカラーになりました。
f0161834_23435913.jpg

我が家の柊も今年はたくさんの実をつけてくれました。
f0161834_2346472.jpg

散歩の途中で見つけた南天の実もクリスマスカラー。

ご近所の窓や、木にもクリスマスのイルミネーションが輝いています。
私もそろそろ飾りつけを始めましょう。
[PR]
by hanamamann | 2008-12-01 23:51 | 花・ハナ | Comments(4)

お気に入り

人の一年が、犬にとっては7年くらいに相当するそうです。
花はもうすぐ二才になるので、人間で言えば小学校の高学年くらいでしょうか。
甘えん坊ですが、私の言うことをよく理解しています。
f0161834_22364944.jpg

花が「あそんでぇ」と持ってくるお気に入り。
右から、ウサギ、がりがり(プラスチックの棒にたわしのようなものが付いている)
ワニ、左のは、豹がらのなんとも言えない物(匂いが。。)
この中で、ウサギと、ワニは言えば持って来ます(ちょっと自慢?)
これらをくわえてきて、私の前にポトリ・・と落とすのです。
そしてじーっと私の顔を見て「投げて!」  投げる・・持ってくる・・投げる・・
延々、飽きずに、私が知らん顔しても、じーっと見つめて・・・もう勘弁して!!
f0161834_22413683.jpg

テレビも大好きで、動物が出てくるものはどこにいても気がついて、
テレビに向かって普段は絶対出さない声を(う~~)出して威嚇します。
これは、日本狼の親子が出てくる番組でしたが、ずーっと見ていました。
そういえば、人間にも吠える時があります。どうも丸い人は苦手のようです。
f0161834_2248283.jpg

自分の家以外の場所でも、どんな犬たちとも程よい距離を持って遊んでいます。
この犬達は花よりずーっと若いです。やんちゃな彼らたちにちょっとドキドキでした。
f0161834_22524558.jpg

で。。。いつものカメラ目線のお嬢様です。
[PR]
by hanamamann | 2008-10-26 23:04 | 花・ハナ | Comments(4)

出会い

umekoさんと久しぶりに「合わせ」をしました。
何かが決まっているわけではありませんが、少しずつレパートリーを増やす事と、
勉強・・の為に、時々夜中の「合わせ」をしています。
今はベートーベンの「スプリング・ソナタ」略して「春ソナ」を弾いています。
普段、魂がどこかに行きがちな私ですが、この時ばかりはすごく集中します。
ここはこうして・・・・。あそこがおかしい・・・。次から次へと発想が湧いてきます。
umekoさんは私の要求に応えようと色々やってくれます。
充実した時間を過すと、もう深夜になります。
f0161834_2121554.jpg

側のソファでは必ず花が寝ています。
こんなにヴァイオリンの音を聞いている犬は、そうたくさんはいないと思います。
終わって紅茶を飲みながら、おしゃべりをして、
「じゃぁ、またね」と、そぉーっとドアを閉めてumekoさんは帰ります。
彼女に会わなかったら、こんな時間は持てなかったなぁ。
まだまだ進化し続けたい二人の演奏を何時か、必ず聞いていただこうと、
お互いに練習に励もう・・・と約束しました。
f0161834_21274342.jpg

自分が優しい気持ちになれた時、人は自分に優しくしてくれます。
だから、こんな綺麗な夕焼けに出会えたのでしょうか。
[PR]
by hanamamann | 2008-10-08 21:38 | 花・ハナ | Comments(7)

元気の素

あの時決心してよかった! 迷っていたけどやっぱり一人は淋しい。
インターネットで見た可愛らしいホームページに惹かれて、息子夫婦と訪ねた時、
二匹の子犬を見せられて、獣医の息子がすばやく耳、歯、皮膚を調べ、
どっちにするかを私に決めろ・・・と。
二匹とも可愛くて大人しくて迷ったけど、目が少し斜視で、抱っこしているとペロペロするし、
何より私の目をじーっと見つめる子犬に思わず「こっち!!」
3月13日、我が家にやって来た日。
f0161834_22424769.jpg

初めは少しおどおどしていたけど皆に触られて抱っこされて、可愛かったねぇ。
f0161834_2245365.jpg

名前を付けなくては。前年の6月に17歳で逝った柴犬は美里(ビリ)。
日本的な名前にしようと決めて、丁度花の咲く頃に来たから「花」にしました。
生まれて3ヶ月の花。女の子らしい顔で皆に可愛がられ幸せいっぱいです。
f0161834_2249484.jpg

2008年2月。一年経ちました。
私は2006年10月13日から今年の春くらいまでの記憶が曖昧な所があり、
自分がどうにかなってしまいそうな時が続きましたが、花のお陰で散歩に行くようになり、
元気になってきたことを実感しています。
f0161834_22554848.jpg

そして、今日の花。ずいぶんやんちゃになりました。
でも、私の動きをじーっと観察する目、おやつを欲しがる目、遊ぼうの目、
散歩に行く時の嬉しそうな目。この目は獲物を狙ってる・・・・。
私の元気の素は間違いなく花と、自然と、皆の愛。。。。。ちょっと濃いかな。。
[PR]
by hanamamann | 2008-09-28 23:06 | 花・ハナ | Comments(6)

今日の花

しばらく前の事ですが公園を散歩していたら、懐かしい顔を見かけました。
随分大人の顔になったけど子供の頃の面影があります。
「〇〇君?」と呼んでみました。彼は自転車でしたがそのまま行きそうになったので
もう一度少し大きな声で呼びました。振り返って自転車を降り、私の顔を見ながら
近寄ってきて「××先生!お久しぶりです」。
わたしのところで高校生までヴァイオリンを弾いていました。
大人になって、でも初々しい所は昔のままでした。
夫が亡くなったことを話すと「自分の父も6年前に亡くなりました」
もう本当にビックリしました。元気なお父さんでホノルルマラソンにも参加したり、
フルートを習いたいからといわれ、先生を紹介したりしたのに。
彼が24歳、お父様は60歳だったそうです。
自分の息子と重なり、父親のいない寂しさを思いました。
f0161834_21382242.jpg

今日「秋分の日」の朝、彼のお母様が花束を持って訪ねて下さいました。
久しぶりにお会いしてお互いの体験を話したりしました。

f0161834_21412771.jpg

こちらの花は、三日ほど前に公園で走っている時に足を捻ったらしく、
右の後ろ足が痛そうで、時々引きずっています。
主治医が言うには、元々関節が外れやすいとの事、痛がるようなら診て貰えと。
いつものように遊んでいてもあまり走りません。
痛いのか痛くないのか、分からないからこちらが様子を見てやるしかないのですが、
まぁ、大丈夫でしょう。。。。。と思います。
[PR]
by hanamamann | 2008-09-23 21:48 | 花・ハナ | Comments(4)
「屋外飼育にも適したたくましい愛玩犬を」という要望から、イギリスで作られた小形犬。
キャバリアとは「騎士」を意味し、
スパニエル種を愛したチャールズ国王2世に由来しています。
性格は、行動性に富み、小形犬の割りに無駄吠えや噛む傾向が少なく非常に
飼いやすい犬ですが、番犬には向いていない・・・・全くそのとおり!!!
f0161834_21112579.jpg

長い耳と大きな目
f0161834_21122348.jpg

フサフサの尻尾。誰にでもユサユサと振って寄っていきます。
もしかしたら、ご主人は誰??って思っているかもしれません。
会う人が皆「可愛い!!」と言ってくれるので、私も嬉しいです。
皆に可愛がられて良い子にならないわけがありません。
f0161834_21165129.jpg

話しかけたら答えてくれそうな目をして見てくれます。
f0161834_2122312.jpg

公園で花を待っていてくれる遊び仲間のシジミ蝶です。
もうすぐお別れだね。また来年。。。。。
[PR]
by hanamamann | 2008-09-16 21:26 | 花・ハナ | Comments(7)