一日一枚の幸せを花ちゃんと


by hanamamann

<   2008年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

一人ご飯

一人ご飯にもずいぶんと慣れてきましたが、作ったら無くなるまで食べる。
これが結構大変です。好きな物しか作らなくなりますが、一応栄養は考えます。
明日から一泊で長野方面に行きますので、今日は冷蔵庫の整理で、
こんな感じになりました。
左上は茄子とピーマン、たまねぎもあったので、味噌炒めです。
家庭菜園の収穫のピーマンは肉厚で美味しかったです(頂き物です)
たまねぎは淡路島産。美味しいですよ。どんなに火を通してもシャキっとしてます。
その隣がかぼちゃの煮物。大好きで、これは毎日でも大丈夫。
真ん中の小さいお皿は梅干を甘く煮たものです。
毎年庭でとれた梅を梅干にして送ってくださる方がいます。
今年も届きました。去年のがまだあったので、お砂糖と黒糖で煮ました。
甘酸っぱくて、暑い時期のご飯の友に最高です。
赤いのはトマト。種から育てたバジルの葉っぱをちぎって乗せ、フレンチドレッシングで
いただきます。そしてお決まりのエビスビール。
小さいのは主人用です。
f0161834_21571175.jpg

右端のは、花のドッグフードです。たいがい、一緒に食べます。
今日は、動物性のたんぱく質がありませんが、これで充分。お腹いっぱいになりました。
[PR]
by hanamamann | 2008-07-31 22:16 | 今日の一枚 | Comments(6)

表と裏と

花と公園を歩くようになって、一年が過ぎました。
初めは公園の入り口まで。少しずつ範囲を広げ今は二つの公園の外周を歩くと、
45分はかかるほど、歩くようになりました。自宅から公園の道を足せば一時間。
お陰で体脂肪が少し減り、メタボの心配はしなくてよさそうです。

公園に入ってしばらく行くと「子共の広場」のような場所があります。
管理事務所の隣で小さな噴水があり、保育園の子供たちが水遊びに来ていたり、
七夕の飾り付けがしてあったり、写真のような絵が描いてあるコンクリートの
壁が三つあり、仕切りになっています。
f0161834_22342946.jpg

この絵を左手に見ながら歩き、いつものように二つの公園を一周し、
「子供の広場」の裏手から戻りました。
表の絵と、裏の絵!!!
どちらが上手いか・・・・の問題じゃァなくて、「落書き」が社会問題になってる今、
これを見つけた時、何だかニヤってしちゃいました。
こんな調子のが他に二枚。
f0161834_22344112.jpg

お世辞にも上手い・・・とは言えない絵ですが、
どうぞ、このままで・・・と思ったのでした。
[PR]
by hanamamann | 2008-07-30 22:55 | 今日の一枚 | Comments(0)

待つことを

私はどちらかと言うと、せっかちで白黒はっきりしたいタイプです。
なんでもやる事が早く、結果も早く出したい性格です。
「待つ」ことは一番苦手な事だと思っていました。
毎日「行ってらっしゃい」と言って送り出せば、帰ってくるのを待つ。
手紙を出せば、返事が来るのを今日か、明日か・・・と待つ。
のんびりしている人を見ると、羨ましいと思う反面イライラすることも確かでした。

それが今、「待つこと」が出来るようになりました。
子供たちに教え、出来るようになるのを「待つ」。
こうやって欲しいなぁ・・と思うことを相手が気がつくまで「待つ」。
年を取ったからなんて事ではないように思います。
自分の傲慢さに気がつき、恥ずかしいと思うようになったからというのも、
理由の一つかもしれません。
「待つこと」はまた「楽しみ」な事でもあります。
f0161834_2254599.jpg

庭の山椒の木に、今年もアゲハが卵を産みました。
まだ、2ミリ位の幼虫ですが、青虫になりさなぎになって、蝶々になるまで、
楽しみに待ちます。
[PR]
by hanamamann | 2008-07-29 23:13 | 今日の一枚 | Comments(2)

母と義母

7月26日は義母の18回目の命日でした。
秋田の豪農の長女として、何不自由なく育ち、同じく秋田の農家の長男と結婚。
18年の間に3男1女を生み、新潟大学、秋田大学の学長となった義父に仕えました。
朝から晩まで、いつも台所にいて何かを作っていました。
夫の料理好きは義母のDNAを受け継いだ事は間違いありません。
私達が新潟に行けば、毎日美味しいものを食べさせてくれ、東京に帰るときは、
朝からお弁当を作り、持たせてくれたものです。

私達が結婚する時、母同士と、私達と4人で銀座の資生堂パーラーで会いました。
母は「あのお母さんに育てられた人なら」と安心したように言いました。
f0161834_2223526.jpg

1970年頃の学生紛争真っ盛りの頃、秋田大学学長だった父は心労から入院しました。
その後新潟で亡くなるまでの数年、義母は毎日三食を病院の義父の元に
運び続けたのです。         義父が亡くなった翌年、
娘の七五三のお祝いを出雲でした時に、新潟から来てくれました。
母はもう認知症が始まっていました。 大切な写真です。
[PR]
by hanamamann | 2008-07-28 22:49 | 家族 | Comments(4)

毎日暑い!!と言っても涼しくはならないのですが。
私は、東京の西部に住んでいます。ここに来て30年になります。
昔は、雑木林だったそうですが、風致地区に指定されていて、
高い建物はありません。今は見えなくなりましたが、二階のベランダから
富士山も見えました。車で3分ほど走れば驚くほど大きく、近くに富士山が見えます。
雲は殆ど西から東に流れていきます。
昨日は、昼過ぎから西の空に怪しい雲が湧いていて、
これは雷様と、夕立が来るな・・・・って思っていました。
4時過ぎには暗くなり案の定、両方がやってきました。
私は、雷も、夕立も大好きで、家の中から光る空を見て、1,2,3、と数えて、
「近いな。。。」とか一人で楽しみます。雨も、気持ちいい!!なんて。
雷は、裏の家に落ちた事もあるのですが。。。。。ホントですよ。
f0161834_13522254.jpg

そして、雨が小降りになり、西の空が明るくなり日が差すと、
東の空を見るのです。  やったー!!今日も出てる。
携帯で写すと、これが精一杯。
あっという間に消えてしまいました。
[PR]
by hanamamann | 2008-07-28 14:05 | 今日の一枚 | Comments(2)

会話

花との暮らしは1年を過ぎ、花は1歳半になりました。
人間で言えば小学生になった頃でしょうか。
花は色んな意思表示をします。
「ご飯を、下さい」と「おやつを頂戴」は違いますし、「外に出たい」も分かります。
「遊んで」「なでて」もちゃんと通じます。
娘夫婦、息子夫婦の名前をと顔を識別します。
私が外出する時、自分は連れて行ってもらえるか、お留守番か理解します。
気持ちが通じると言う事は、言葉以上の力がありますね。
f0161834_233463.jpg

私は、気持ちをストレートに言い過ぎる傾向があり、
相手のリアクションで、しまった・・・と思うことが何回もあります。
気をつけようと思いつつ、同じ失敗を何度もやらかして、
学ばない人間だと、自己嫌悪に陥るのです。
「お茶飲む?」「飲まない」・・・これです。
「うーん・・・今はいいかな?」の方が大人の会話?
[PR]
by hanamamann | 2008-07-26 23:32 | 今日の一枚 | Comments(4)

運と努力と

真夏の夜の夢。。。。ではなく、白鳥の湖だったのですが。
素晴らしい一夜を過す事が出来ました。

会場には、背筋のしゃんとした、肩甲骨の、鎖骨の浮き出た方々がいっぱい。
私は、ピットの中で弾くことはあっても、客席から舞台を見ることは数えるほどしか
ありませんでした。
まず、驚いたのは、王子様が出てくるとすごい拍手。
オデット姫が出てくるともっとすごい拍手。
踊りが一つ終わるたびに拍手、拍手、拍手。
オーケストラの演奏会ではまずないことです。
オーケストラの演奏会でも、何かの楽器のソロが上手く行ったら、拍手・・・なんて事は
無理だけど、あったら嬉しいだろうなぁ・・・・なんて思いながら拍手しました。
f0161834_2246013.jpg

本当に美しかったです。どんなに高く飛んでも音一つさせないで踊り、
足の動き、手の動き、身体で表現する、伝える素晴らしさ。感動しました。
白鳥は、水面では優雅でも、足は激しい動きをしていると聞いたことがありますが、
今夜踊っている方たちの、毎日の鍛錬、努力、すごいだろうなと思います。
ソロを躍る人と、群舞の人たちの違いはなんなのかなぁ。
きっと皆同じくらい努力しているし、頑張っていると思うけど、
ほんの少しの才能の違いと運によって違ってくるのだろうな。
皆「きっと、何時かは。。」って思ってるんだろうな。
音楽は聞くもの。バレーは見るもの。。。。今夜、初めて知りました。
目をつぶれなかった・・・・・・・ネ!!!
[PR]
by hanamamann | 2008-07-25 23:11 | 今日の一枚 | Comments(4)

夏休み

車で走っていると、自転車に乗った子供たちが目につくようになりました。
夏休みなんだ・・・・。
小学生達は学校のプールに行ったり、図書室に行ったりするようです。
今日、お稽古に来た小学生は「明日からハワイに一週間」だって。
さっき電話をかけてきた主人のお弟子さんは、ベルリンから帰って来て、
子供たちはキャンプに行って、その間ドイツ人の夫と国内旅行を楽しむ・・・・そうです。

私の夏休みは、いつもと同じ。。。。と言う事は、いつも休みみたいなもんか???
f0161834_22331725.jpg

今年の夏、マイブームなのが「天花粉」  この字で正しいのかどうか分かりません。
パソコンで出てきた字なのですけど。
シッカロール・・とも言いましたか? これはベビーパウダーです。
子供の頃、湯上りに真っ白になるくらい首や背中に叩かれた、汗押さえ。
f0161834_22572479.jpg

主人のリンパマッサージに使って、残っていたものですが、
ふと、思い出して使ってみたら<いい感じ>なのです。
朝の掃除、花の散歩が終わった後、シャワーでさっぱりしてこの天花粉をつけると、
夏だなぁーって、しみじみ思うこの頃です。
[PR]
by hanamamann | 2008-07-24 23:01 | 今日の一枚 | Comments(6)

自然のままで

人間は一人では生きていけないから、お互いを思いやり、尊重し、
自分を理解してもらう努力をして
f0161834_237088.jpg

社会のルールに従い、マナーを守り、
f0161834_2371974.jpg

健康に気をつけて、栄養を考えてご飯を食べ、お酒もほどほどに、タバコは吸わないで
f0161834_2373897.jpg

地球に優しく、なるべくゴミを出さないで、お水も節約、電気も無駄に使わないで、
f0161834_2375799.jpg

いつでも、なんでも楽しんで出来て、ニコニコ笑っていられて
f0161834_238749.jpg

それがみんな自然に出来たらいいなーって、思いませんか?
この花たちは、10メートル四方の中にもっともっとたくさんの花や草と一緒に
お互いに譲り合うように咲いていました。
[PR]
by hanamamann | 2008-07-23 23:23 | 今日の一枚 | Comments(4)

母の味

夏の太陽が照りつける午後、息子夫婦とお墓参りに行って来ました。
新しいお花を持ってお墓の前に行きますと、真新しいお花が活けてあり、
お線香の跡もありました。誰が来て下さったのか分かりませんが、
暑い中を来てくださった方に、感謝の気持ちでいっぱいです。
墓石にお水をたっぷりかけ、久しぶりにさっぱりしたと思います。

帰りに、近くの「野菜産地直売所」に寄りました。
夫も「道の駅」のファンでしたし、海外に行くと必ずスーパーマーケットに行って、
その国の人の日常を覗くのを楽しんでいました。
f0161834_23205691.jpg

色んな野菜を売っていました。きゅうり、トマト、ピーマン・・・夏の野菜がたくさんありました。
ジャガイモもいろんな種類がありましたが、「きたあかり」を買って帰りました。
そして、久しぶりに母のコロッケを作りました。
母が作るコロッケは俵型でした。
ひき肉とたまねぎの、普通のコロッケですが美味しかったです。
私は12歳までしか親の元で生活をしなかったので、母の味は格別の思いがあります。
息子夫婦が俵型にしてくれました。
私にとっては母の味、子供たちには祖母の味。繋いで行きたい味です。
[PR]
by hanamamann | 2008-07-22 23:41 | 今日の一枚 | Comments(4)