一日一枚の幸せを花ちゃんと


by hanamamann
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2008年 09月 ( 27 )   > この月の画像一覧

気になる

私が和光樹林公園の木々たちを見るようになって、どれくらい日にちが経ったのか。
呆けたわけではないけれど、記憶が本当に曖昧で今年の桜の頃から
やっとはっきりしてきました。
理由は人生最大の悲しい出来事から立ち直るのに時間を要している事で、
何かをしている時はしゃんとしているつもりなのですが、後で考えるとどうもはっきり
思い出せない。。。。魂が何処かに飛んで行ってるような感じです。
f0161834_2053361.jpg

それは兎も角、去年の今頃と今年の桜の木の違いくらいはわかります。
今年の桜の木はおかしい・・・・・。桜は落葉樹ですが、落葉する前に紅葉する筈。
なのに今年の桜の木はもう葉がありません。
樹林公園の桜の木の殆どがもうこの状態です。原因は「虫」。
木の下には夥しい糞の数。来年の春、また綺麗な桜の花が見れるのか本当に心配です。
樹医さんが見回っていますし、要注意の印でしょうか、
木には赤いテープがあっちにもこっちにもつけてあります。
今年は椿も茶毒蛾でやられているし、
天候不順が木々にも負担をかけていることがよく分かります。
f0161834_2182517.jpg

それでもはなみずきの実には妖艶な虫。
f0161834_2191873.jpg

紫式部には、楚々とした虫が。
同じ虫でも植物と共存してくれるものと、そうでないものとどこで別れるんでしょうね。
[PR]
by hanamamann | 2008-09-19 21:18 | 公園 | Comments(6)

食事会

主人のお弟子さん達が遊びに来ました。
コンクールが終わって、それぞれ先生に報告したいから・・・と言う事ですが、
皆で久しぶりに集まりたいのでしょう。
f0161834_23103336.jpg

今日は私を含めて8人で食事会でした。
夫がいる頃は食べに来る・・・・でしたが、今は、一緒に作って食べます。
今日のリクエストはミートローフ。たまねぎのみじん切りは少し大きかったけど、ドンマイ!
f0161834_2313753.jpg

ガーリックトースト、ツナとゆで卵ときゅうりをマヨネーズであえたディップ、
鳥のから揚げ、ポテトピザ、生野菜サラダ。
若い人は気持ちよく食べて喋って、笑って・・・。私も仲間に入ります。
f0161834_2318543.jpg

久しぶりに4人揃った同級生。いつもは違う場所で社会人として大人の顔で仕事している
彼らも、ここではすっかり学生時代に戻って話していました。
「なんか、落ち着く。やっぱりいいなぁ」としみじみ言っています。
「またいつでもいらっしゃい」と言えば「もちろんです!!」だそうです。
最後に皆で記念写真を撮り、
「バスがなくなるから帰んなさい!!」で今日の食事会はお開きとなりました。
[PR]
by hanamamann | 2008-09-18 23:25 | boss | Comments(8)

彼岸花

つい先日、ツルボの花が突然地面から出てきて、ピンクの可愛い花を咲かせていましたが、
すでに花は終わりになってしまいました。花の命は短い。。。。
次に地面から突然出てきた花は彼岸花。
f0161834_2194293.jpg

曼珠沙華(まんじゅしゃげ)とも言われる中国から来た花です。
咲く時期がお彼岸に近いせいか、あまり良いイメージがありません。
花自体にも毒を持っているので、切ったりする時は要注意です。
花言葉は 「悲しき思い出」  こうやって見ると綺麗なんですけどね。
f0161834_2124312.jpg

この写真は父が写した彼岸花です。20年以上昔、たぶん母はもう亡くなっていたかと
思いますが、あちこち写真を撮りに出かけたようです。
写真を見ると父の目線を感じ、父を想います。
五人の子供の中で私が一番怒られました。ヴァイオリンの練習が足りない、
弾き方が違う、もっと早く弾け・・・・・。自分は好きなだけ。
私を何とか一人前のヴァイオリン弾きにしたくて、私より一生懸命でした。
私を東京に出し、プロのヴァイオリン弾きになって、さぞ満足かと思いましたが、
東京に出した後はあまり干渉もせず好きにさせてくれました。
晩年は耳が遠くなり東京に来てもコンサートに行く事もありませんでしたが、
数年前、甥の結婚式で父の近くでヴァイオリンを弾けた事が、良い思いでとなりました。
父が亡くなった後、感謝の気持ちを込めて一人で献奏しました。
バッハのパルティータ3番、「プレリュード」  小学校4年の時に初めてコンクールを
受けに福岡に行きました。その時の課題曲です。
無事に一次は通りましたが、二次予選の課題曲、メンデルスゾーンのコンチェルトが、
私にはまだ弾けなくてパスしました。
ストップウオッチを片手に何回も弾かされたバッハですが、以後私の調子を見る曲になり、
50年近く弾いている事になります。気が遠くなりますね。
[PR]
by hanamamann | 2008-09-17 22:01 | お花 | Comments(4)
「屋外飼育にも適したたくましい愛玩犬を」という要望から、イギリスで作られた小形犬。
キャバリアとは「騎士」を意味し、
スパニエル種を愛したチャールズ国王2世に由来しています。
性格は、行動性に富み、小形犬の割りに無駄吠えや噛む傾向が少なく非常に
飼いやすい犬ですが、番犬には向いていない・・・・全くそのとおり!!!
f0161834_21112579.jpg

長い耳と大きな目
f0161834_21122348.jpg

フサフサの尻尾。誰にでもユサユサと振って寄っていきます。
もしかしたら、ご主人は誰??って思っているかもしれません。
会う人が皆「可愛い!!」と言ってくれるので、私も嬉しいです。
皆に可愛がられて良い子にならないわけがありません。
f0161834_21165129.jpg

話しかけたら答えてくれそうな目をして見てくれます。
f0161834_2122312.jpg

公園で花を待っていてくれる遊び仲間のシジミ蝶です。
もうすぐお別れだね。また来年。。。。。
[PR]
by hanamamann | 2008-09-16 21:26 | 花・ハナ | Comments(7)

合宿  海編2

前日の夜は花火の後にコンパがあり、ビールを飲みながら親睦を図り、
皆より一足お先に寝ました。自分の子供たちよりも若いのですから、最後までは無理。
f0161834_23222979.jpg

早起きして海岸に出ました。遠くに船がたくさん見えましたが、
写真に写らなくて残念。誰もいない海は絵のようです。
f0161834_23252812.jpg

波うち際の貝殻は蝶々が飛んでいるようで、そのままにしてきました。
f0161834_23265495.jpg

誰かが浜辺で食べたスイカの種から芽が出ています。
f0161834_23283746.jpg

お花が終わって綺麗な実がついたこれはいったいどんな花が咲いたのでしょうね。
f0161834_23333699.jpg

一日中たくさん練習して、充実した時間を過した夜は、
1年生が初めての合奏を披露しました。
曲目はパッヘルベルの「カノン」。聞けば皆が知っているバロック時代の音楽で、
一つのメロディーをパートごとに遅らせて弾く、輪唱みたいな感じです。
ヴァイオリン、ビオラ、チェロ、コントラバス。皆、緊張して弾いていました。
上級生はきっと自分たちの時のことを思い出してるんだろうな。
この夜も後はコンパ。私は早々に引き上げ後のことは分かりません。
親睦は十二分に図られたことだけは確かです。
[PR]
by hanamamann | 2008-09-14 23:47 | 音楽 | Comments(6)

合宿 海編

8月の終わりに行った大学の合宿が、今度は弦楽器だけで房総半島にある岩井海岸の近くでありました。車で100キロほどですが、ずーっと高速道路で行けるので千葉県も案外近いです。 東京湾を横断する「アクアライン」を走りました。半分が地下を、「海ほたる」というパーキングエリアから海上を走り、下を大型貨物船が往来します。
f0161834_17322960.jpg

着いてすぐに合奏の指導をして、夕飯の前に海に行きました。
歩いて1分。お日様が海に沈むのを見ました。海はもう秋でした。
f0161834_17373372.jpg

山の合宿ご飯と違う所はお刺身が出ます。イカのお刺身は美味しかったです。
f0161834_17392061.jpg

今回の合宿は全体合宿より人数が少ないので親睦を図るにも丁度良い感じです。
花火は恒例の行事で、海岸で打ち上げ花火や手で持つ花火を真っ暗な中でやりました。
花火をセットする子、暗い海に入る子、暗い中で写真を撮っている子、
何もしないで立っている子。バラバラな様でまとまっているこの不思議な関係が、
音楽で結ばれているのがとても面白いです。
[PR]
by hanamamann | 2008-09-13 17:48 | 音楽 | Comments(4)

高校時代

12歳で東京に出てきて2年が過ぎた頃、教わっていた先生から言われた言葉が
「〇〇大学へ」。その先生は××大学の先生でしたが、
私には〇〇大学の方が向いている・・と。
きっと家にはお金が無いと見抜かれていたのでしょう。性格的にも向いていないと。
わけも分からず先生の言うとおりに、付属の高校を受験しました。
当時は、学科試験がなくて実技試験だけ。今ならまさか・・・の事ですが、
実際に私はそうでした。ヴァイオリン、ピアノ、聴音(音を聞いて楽譜にする)
後は、親子の面接がありました。私は父と一緒でした。
1学年36人(40人定員)ヴァイオリンは10人、半分が地方からの子供でした。
高校は御茶ノ水にあり、大学から先生がいらしてレッスンや学科の授業がありました。
お茶の水は当時、明大、中央大、文化学院、池の坊、医科歯科大・・・。
学生の町でした。ちょっとおしゃれで大人の雰囲気があり、近くには「山の上ホテル」
アカンサスの並木が美しい町で楽しい楽しい3年間を過しました。
f0161834_22111213.jpg

学校は全校生徒120人足らずで、昔は病院だったと言う古い石造りの建物で、
玄関を入った所に裏表に赤と黒で名前が書いてある札が下がっています。
登校すれば黒に下校する時は赤にします。
親の言うままに東京に出て、先生の言われるままに高校を受験し、運よく入学した私は、
これで親の夢は叶えた・・・・と、これからは自分の好きにします。。。と、
三年間を殆ど遊んで過しました。
地方から来た子同士で泊まりに行ったり来たり、東京の子供の家にお邪魔して、
お母さんが料理を作ってくださり、家庭の味を楽しんだり、男子とも普通に話しをして遊んで、
練習してまた遊んで。今でも高校時代の友達は、〇男君、〇子ちゃんです。
[PR]
by hanamamann | 2008-09-10 22:34 | 音楽 | Comments(4)

夏の終わりに

朝、珍しく花に起こされそのまま起きてしまいました。
すっかり涼しくなった朝の風に誘われて公園に行きました。
いつもは帰り道でお日様に向かうのに、今朝はまぶしい陽に向かって歩きました。
公園の中は自転車で近くの駅へ急ぐ人たちが、公園を横切って走っていました。
f0161834_21283873.jpg

帰って朝ごはんを済ませ、
「よしっ!やるぞ」って掛け声を発して始める作業。
夏の間家の周りに生えた雑草取りを、今日こそはやってしまおう。
暫く前から玄関を出たり入ったりする時、「あぁ、やらなくちゃぁ」と思いつつ、
雨が続いたり暑かったり、その都度言い訳をして一日延ばしにしていたけど、
やらなくては終わらないんだから。
虫除けスプレー、ゴム手袋、ゴミ袋、ノコギリ、枝切りバサミ。
「これ、パパの仕事だったんだよなぁ・・・」
f0161834_21401046.jpg

先日upして名前が分からなかったこの花の名前が分かりました。
秋の初め突然茎を伸ばし、淡いピンクの花を咲かせる ツルボ(蔓穂)
 花言葉は あなたの死を悼む  可愛らしい花です。
[PR]
by hanamamann | 2008-09-09 21:51 | 思うこと | Comments(8)

生まれ・育って

私が生まれ育った家は、昭和の初めに建てられた大きな家でした。
両親、子供が5人、父の叔母、父の妹、住み込みの看護婦さんが4人。
小さい頃から人に気を使う事を教えられ、それが今でも身に沁みているところがあり、
もう少し気楽に出来ればいいなぁ・・・と思ったりします。
兄妹は歳が近いせいもありいつも一緒でしたが、時には大喧嘩をして父に叱られたり、
また、母が作ったお弁当を持って近くの公園に食べにいったり、
たくさんの思い出があります。
父は写真を趣味としていて自分で現像もしていました。
写真は必ず焼き増しをして、それぞれの名前を書いた箱に入れてあり、
今でも大切に持っています。
f0161834_22154994.jpg

母が亡くなり暫く田舎暮らしをしていた父も京都で暮らすようになって、
田舎の家を処分する事になりました。10年ほど前のことです。
もう一度見ておきたいと娘と二人で帰りました。誰も住まなくなった家は本当に淋しくて、
懐かしさもありましたがなんとも言えない気持ちでした。
部屋の一つ、一つを見てまわり、病室だった畳の部屋の戸棚から見つけた薬ビン。
可愛い蓋がついています。貰って帰りました。
f0161834_22221065.jpg

このガラス瓶を見ると、もうなくなってしまった家の窓ガラスを思い出します。
外の景色がゆがんで見え、雨がふれば雫がつたい、風が吹けば怖いほどにガタガタと
鳴っていたガラス戸を。ガラスを通してみたあの庭を、思い出します。
それにしても、この薬ビンのデザインどう思います?
[PR]
by hanamamann | 2008-09-08 22:33 | 思うこと | Comments(4)

秋・・・かな?

土曜日。公園に行きました。西に黒い雲。
最近は雷と雨の合間を縫うように外に出ます。
雨の降らないうちに散歩です。花は最近太り気味でこれ以上は体重を増やすのは
可愛そうなので、運動だけはさせたいのです。
f0161834_22592747.jpg

夕暮れの中で線香花火を逆さまにしたような花が咲いています。
淡いピンクのこの花はいったい何と言う花なのか、教えて下さい。
雑草を刈った後に突然現れたって感じであちこちに咲いていました。
f0161834_2325428.jpg

ヒメジオンの綿毛でしょうか。ポッカリ宙に浮いているようです。
春からずーっと咲いてそろそろ終わりですか?お疲れさまでした。
f0161834_237441.jpg

そしてお待たせ・・・・まだ緑なんだけどどんぐり。
きっとカラスの仕業でしょう。枝ごと落ちていました。
「秋」来ていますね。。。。
[PR]
by hanamamann | 2008-09-07 23:14 | 公園 | Comments(6)